HOME > 事業・施設案内 > 循環型社会の構築のために
資源循環サービスネットワーク
医療廃棄物総合管理サービス
サーマルリサイクルプラント
マテリアルリサイクルプラント
汚泥・スラッジ処理プラント
ひらかれたリサイクルセンターを目指して バーチャル施設案内
循環型社会の構築のために
産業廃棄物処理業の優良性の判断に係る情報開示
廃棄物処理施設に係る維持管理情報の公表
GE2号炉設置事業に係る事後調査報告書の公表

廃棄物処理施設に係る維持管理記録の公表



 廃棄物の処理及び清掃に関する法律の改正により、平成23年4月1日から廃棄物処理施設に係る維持管理情報の公表が義務化されました。当社も、適正に維持管理情報を公表し、法令順守します。

公表事項
1.処分した産業廃棄物の各月ごとの種類及び数量

2.冷却設備及び排ガス処理設備にたい積したばいじんの除去を行った年月日

3.煙突から排出される排ガス中のダイオキシン類の濃度(1回/年以上測定)、
 ばい煙量及びばいえん濃度(硫黄酸化物、ばいじん、塩化水素、窒素酸化物に係るものに限る。
 1回/6ヶ月以上測定)に関する事項

>>平成29年度の公表事項はこちらをクリックしてください。

>>平成28年度の公表事項はこちらをクリックしてください。

>>平成27年度の公表事項はこちらをクリックしてください。

>>平成26年度の公表事項はこちらをクリックしてください。

>>平成25年度の公表事項はこちらをクリックしてください。

>>平成24年度の公表事項はこちらをクリックしてください。

>>平成23年度の公表事項はこちらをクリックしてください。

>>測定を実施した箇所の案内はこちらをクリックしてください。

4.燃焼室中の燃焼ガスの温度(連続的に測定し、記録したもの)

5.集じん器に流入する燃焼ガスの温度(連続的に測定し、記録したもの(ただし、集じん器内で
 燃焼ガスの温度を速やかにおおむね摂氏200度以下に冷却することができる場合にあっては、
 集じん器内で冷却された燃焼ガスの温度))に関する事項

6.煙突から排出される排ガス中の一酸化炭素の濃度(連続的に測定し、記録したもの)に関する
 事項

>>4.5.6の公表事項については、当社 総合管理棟に縦覧しています。
このページの先頭へ